ホーム>漢方薬>漢方自家製剤>丸剤の自家製剤









みどり薬局では、製剤に必要な特殊な機械設備を導入し、局内で漢方丸剤の製剤を行っています。局内で製剤することにより、様々な処方指示に対応する事が可能となります。
丸剤は、混合・練り込み・製丸・乾燥の4工程を経て出来上がります。

 


様々な処方内容に対応できるよう、常時数多くの生薬を用意しています。

処方指示に基づき、生薬または生薬末を計量し混ぜ合わせます。

混ぜ合わせた生薬は粉砕機で粉末にします。

 


生薬の練りこみには、専用の機械を使います。

計量した生薬末に煉蜜(れんみつ)を加えて練り込みます。

耳たぶ位の固さに仕上がるように調整しながら練り込みます。
         

煉蜜
(れんみつ)とは・・・。

蜂蜜を煮詰めて水分を飛ばして作ります。

 


練り込んだ生薬を丸状にするために、専用の製丸機を使用します。

練り込んだ生薬を、製丸機にセットします。

微妙な調整操作を繰り返しながら作業を進めます。
         

生薬は適切なサイズのきれいな丸状となり出てきます。
 
不揃い等を取り除き、乾燥作業に進みます。
 
         
   

製丸機
の動く様子をご覧ください。

(約6.3MB・30秒)

 


丸状になった生薬の乾燥には、専用の乾燥機を使用します。

数丸引っ付いている為、途中で解して1丸ずつにし、再度乾燥を続けます。

ここまでの工程を経て、丸剤は完成します。
         

丸剤は、処方せん内容に基づき、
主に分包した状態でお渡しします。

 

ホーム>漢方薬>漢方自家製剤>丸剤の自家製剤ページ先頭
みどり薬局のサイトマップ
  薬局のご紹介
会社概要
本店(大津新崎店)
塩冶店
南店
処方せん調剤のご紹介
処方せん業務の流れ
患者様重視の調剤業務
在宅医療
漢方製剤のご紹介
漢方丸剤の自家製剤
漢方湯液
漢方煎じ薬
漢方エキス
漢方薬の服用方法
煎じ薬の飲み方
湯液の飲み方
おすすめアイテム

アクセーヌ化粧品

リクルート情報

ブログ

お問い合せ